The Azure

動き

A.P.C. Petit Standard 14ヵ月経過

f:id:AOblue:20210323143039j:image

 

 

数週間前、タイムラインに心躍るニュースが飛び込んできた。

 

www.fashion-press.net

 

A.P.C.の店舗へ僕の薄汚いジーンズを持っていけば、バックポケットの隅に最大3文字までの刺繡を施してくれるらしい。3文字まで。3文字て......。

 

”FUCK”はだめだけれど”SEX”ならセーフだね。

 

”LOVE”とかも使えないじゃんね。

 

名前がローマ字3文字なのでそれもありっちゃありだが。

 

無難にイニシャルにしようか。

 

悩む~!

 

春休みの間は何を刺繍してもらうか考えるのに精いっぱいで、他のことに何も手をつけられなかった。せっかくだから刺繡してもらいたいもんね。

夏になったタイミングで3度目の洗濯をしようと予定しているので、それまでには決めておきたい。

 

 

?.?.?.

 

 

写真

iPhoneSEで撮影。

 

f:id:AOblue:20210323143134j:plain

前面



f:id:AOblue:20210323143051j:image

 

デニム生地を感じたくて太腿をスリスリする癖がついてしまったせいか、白みが強くなりつつある。みなさんもスリスリしますよね?


f:id:AOblue:20210323143058j:image

 


f:id:AOblue:20210323143047j:image

 

 

 

f:id:AOblue:20210323143137j:plain

背面

京都に来て以来自転車に乗ってどこかへ遊びに出かける機会が減った。徒歩でじゅうぶんどこまでへも行けてしまうし、岐阜よりも気持ちよく運転できないからだ。そのため、ありがたいことに?バックポケットや股を大きく損傷することなく穿けている。

野暮ったさのないスマートなジーンズを貫いている。



f:id:AOblue:20210323143044j:image

 

まじで刺繍どうしよかな~~~


f:id:AOblue:20210323143055j:image

 


f:id:AOblue:20210323143036j:image

 

1日穿いたジーンズを脱いだ時の解放感も気持ちが良いものだが、脱ぎたてのジーンズのハチノスを眺めるのもなかなか気分が良い。僕の膝の可動に合わせて無理やり変形させられたデニム生地に愛着が湧く。愛おしい。

フェードによる紺や青と白のコントラストは広大な海を想起させるが、それ以上何もない。ジーンズなので。海と言えば、このあいだヘミングウェイの『老人と海』を再読したよ!それ以上何もないけれど、小説なので。

 

 

おまけ

恋人から貰ったヌーディージーンズのヌメ皮ベルトは3か月を経過した。

 

f:id:AOblue:20210323143411j:image

 

今まで見て見ぬふりをしてきたが、このベルトは僕のウエストよりも随分と長い。最も短く巻いてやっとベルトの効能を得るので、余りがべろんべろんしちゃってだらしがないんだよな。僕側が太ることでアジャストしていきたい。太れば、使える。

 

 

 

aoblue.hatenablog.com