The Azure

動き

フィッシュバーガーの真実に辿り着くための尊い営み

オモコロ編集長の原宿さんとイラストレーターの室木おすしさんによるオモコロラジオ、ありっちゃありスパークの第81回で「フレッシュネスバーガーのフィッシュバーガーが美味しい」という情報を入手した。

 

フレッシュネスの(フィッシュバーガー)は、カリッ、サクッ、ジュワッ、なんすよ。

原宿『ありっちゃありスパーク081 ビフをのさなかったマクフライの人生も考える』

 

近所にフレッシュネスバーガーがないか調べてみたら、かねてから行きたかった北大路ビブレにあるという情報も入手した。

 

 

果たして本当にフレッシュネスバーガーのフィッシュバーガーは美味しいのか。

そもそも北大路ビブレにフレッシュネスバーガーは出店されているのか。

 

 

自分は決してインターネットの情報に踊らされているだけの市民ではないということを表明するため、北大路ビブレに向かった。

 

 

 

 

これはただの散歩ではない。

自分が自分であることを確かめるための尊い営みである。

 

 

 

 

 

 

北大路ビブレ

f:id:AOblue:20210223173225j:plain

北大路ビブレ

でかいしかっこいいね!!!

この世界はピラミッドとかでかくてかっこいいものだけがサバイブする仕組みになっている。あと、奈良の大仏とか。

 

 

f:id:AOblue:20210223173249j:plain

 

得体の知れないセールで動物のイスが売られていてかなり欲しかった。持って帰宅する手間を考慮したら買わない方向で話が進んでしまった。

今でもなお欲しい。

 

 

フレッシュネスバーガー フィッシュバーガー

f:id:AOblue:20210223173239j:plain

フィッシュバーガー390円とオニオンリングR280円

実際にあったし、めちゃくちゃ美味しかった。

 

 

僕が辿り着くことのできた真実もインターネットの海に流してしまうことで誰かにとっての不確かな情報になってしまう。ただ、僕が今日フレッシュネスバーガーのフィッシュバーガーを食べたという紛れもない事実を、僕は知っている。

はい尊い尊い

 

以下蛇足。

 

 

 

 

H TOKYO 京都店

以前ソルトさん(id:cte26533)にお会いした時に、ビンセントベガという映画から着想を得たTシャツとかを販売しているお店を紹介してもらった。そのポップアップストアが京都で開催されていることも同時に教えてもらったのだけれど、そのポップアップ先のH TOKYOというハンカチ専門店にも行った。北大路ビブレから近かったので。

 

f:id:AOblue:20210223173232j:plain

 

いいでしょ。

 

買ったはいいものの、アイロンを持っていないという致命的な問題を購入後に発見して困っている。しわしわのまま使うか、ジーンズみたく洗わずに使い続けるか。そんなアホな。

 

 

ほな。

 

 

 

 

 

”真実”に辿り着くための険しい道のりレポ

生半可な気持ちで確かな”真実”に到達することはできない。自らの手でそこまで到達するというある種の気概が必要になる。

 

f:id:AOblue:20210223173228j:image

 

インターホンが
使えなくなりました

 


f:id:AOblue:20210223173314j:image

 

みんな楽しそうに入浴しているのに営業終了してつらいね。

 


f:id:AOblue:20210223173254j:image

 

不憫な扉が設置されているセカスト。

 


f:id:AOblue:20210223173245j:image

 

しゃらくさい「言(げん)」禁止!!!

 


f:id:AOblue:20210223173242j:image

 

へそがお見事なねずみもいる。うさぎは衣類を着用しているのに……

 


f:id:AOblue:20210223173221j:image

 

見事ではない鳥居

 

 

 


f:id:AOblue:20210223173235j:image

 

帰りに捨てられたハンカチを見つけた。

 

あらゆる面で見込みのある男子大学生に購入されるハンカチもあれば、無残にも路上に捨てられてしまうハンカチもあるという事実に我々は目を背けてはならない。

 

 

 

 

 

参考

omocoro.jp

 

www.vivre-shop.jp

 

www.freshnessburger.co.jp

 

htokyo.com

 

vincentvega.jp