The Azure

動き

退屈な生活から脱したいがそれに満足していること・解決策・自分が何をしたいのかということ

ひとり暮らしを始めてから、生活がひどく単調になっている。几帳面でイレギュラーを好まない僕の性格と、ひとり暮らしとオンライン授業という要素が凄まじい化学反応を引き起こした結果、不動の生活サイクルが完成してしまったというわけだ。

そのサイクルから脱却すべく外を出歩こうとはしているのだけれども、わざわざマスクをしてまで灼熱の屋外へ飛び出そうという気になれないのだ。これがたとえ良好な気候の秋であっても、きっと適当な言い訳をして外出を拒もうとするだろう。救いようがない。

さて、ここで最近の僕の生活リズムを記録しようと思う。特に理由があるわけではないのだが、記録しておきたい。

 

 

06:00 起床(アルバイトのある日はもう1時間早い)、ネットサーフィンなど
07:00 朝食(ここ数か月は毎朝オートミールに豆乳をかけて食べている)
08:00 筋トレ(NIKEの公式アプリを利用して20分ほどワークアウトする)、シャワー、掃除
09:00 
10:00 (自炊をしているので週に一度大量に食材を購入したり)
11:00 たまに昼寝
12:00 昼食
13:00 
14:00 
15:00 
16:00 だいたい昼寝
17:00 
18:00 
19:00 夕飯
20:00
21:00 シャワー
22:00
23:00 就寝

※空白には、読書、映画鑑賞、ネット(TwitterYouTube)をしている。

 

 

以上の通り。充実している。まことに充実した日々を送っている。

 

12時以降の手の抜き方が本当にひどい。確かに、大学の図書館からいくらでも本は借りてこられるし、Netflixやプライムビデオのおかげで映画もたんまり観ることができる。それにしても意外性に欠けるというか、刺激のない生活を送っている。これを毎日だ。

もちろん自らこの生活を選んでいるため満足はしているのだけれど、あまりにも活動的ではない日々を送ったことに、将来悔やむ気がしてならないのだ。せっかく自由の身なのだから、もっと活動的になるべきだと思ってはいるのだけれども。

例えば「一日に一度新しいことをする」というルーティンを加えるという解決法でこの由々しき問題が解消できないだろうか。できないかなー。できたらいいなー。

 

遊びたいけれど、遊び方がわからねーってことかもしれない。そんな気がする。

自由な時間に外出して遊ぶことに不慣れで、それを無理やりしようとしているからだめなのかな。わかんねー。あそびたいなーーー。

 

むしゃくしゃしたとき、それをなんとか文章にしてみるとすっきりするのだけれど、今回は余計にこんがらがってきた。自分が今何をしたいのか。何を求めているのか。「レコメンド機能」に自分の脳みそが喰われてしまっている。自分が何をしたいのか。何を求めているのか。正解に辿り着きたいと考えてしまう。正解などないのに。自分が何をしたいのか。何を求めているのか。公開するか否かで物事を考えている。今の当事者は僕で、僕が生きているのは今なのに。自分が何をしたいのか。何を求めているのか。