The Azure

動き

彼は それを まだ大丈夫だと いいます

「僕は立派な大学生なので、日々学習に励み課題に取り組んでいる」という趣旨のツイートを鼻の穴を大きく膨らませながらしていたが、あんなのはうそうそのうそ。1回生からオンライン授業の味を知ってしまえば、”自由”に時間を使えてしまう。

本日も昨日と同様に、(講義資料には目を通したものの)期末の課題レポートには一切手を付けていない。「まだ大丈夫かな」を反芻する。これが大学生。This is Daigakusei.

 

 

 

今朝、目を覚ますと外は大荒れ、上は洪水、下は大火事だった。ちょうど今日はアルバイトがある日だったので、風雨と戦う決心をした。しかし、出発の6時半ころには小降りになったので、その決心は水たまりに捨ててきた。天気なんて2時間もすれば変わるものだ。

バイトへ行く途中に、荒れた鴨川を見て興奮してしまった。その勢いでつい、鴨川の写真を撮っていたお兄さんに「川やばいですね」と声をかけてしまった。そのセリフだけ言い捨てて、自転車で颯爽と去ってしまったので、川よりももっとやばい奴に会ってしまったと、写真を撮られてしまったかもしれない。

f:id:AOblue:20200708223010j:plain

鴨川



 

バイトから帰る途中に、怪しい台湾の缶ジュースを売っているお店を発見してしまったので、買おうか買うまいか葛藤したのちに購入に至った。2本で500円と高い。「ブログのネタになるかな」と買って、実際それが実現しているのでハッピーエンドにしたい。

f:id:AOblue:20200708223018j:plain

台湾の缶ジュース

 

 

帰宅後、2本買ったうちのひとつを飲んだ。ゼリーの入った甘いお茶だ。繰り返そう。ゼリーの入った甘いお茶だ。飲めないことはなかった。美味しかったな仙草蜜。

f:id:AOblue:20200708223025j:plain

ゼリーの入った甘いお茶



その後、大学へ登校し(比喩)、ルーチンワークに精を出した。

全国の大学生が家から一歩も出ることなく大学へ登校することの可能となった技術発展に感謝をするとともに、今後の発展とその他さまざまなことを願って万歳三唱で締めくくりたい。