The Azure

動き

iPhone SE 2020 開封

 本日10時頃にヤマト運輸から段ボール箱が届いた。

 何を隠そう、先日発表された iPhone SEである。

 これまで、中学の卒業間近に買ってもらった iPhone 6s を使っており、機種変更をするのはこれが初めてだ。とてもわくわくしている。

 

 早速、開封していきたい。

 

 

f:id:AOblue:20200424112657j:plain

 

f:id:AOblue:20200424112711j:plain

 

f:id:AOblue:20200424113644j:plain

 ダンボール箱を開けると、そこにはお馴染みの箱がある。

 「iPhone SE」ではなく「iPhone」とプリントされている。iPhone 11 とかもそういう仕様なのだろうか。

 

 

f:id:AOblue:20200424114227j:plain

 購入したのは、黒色。白色と迷った。

 ストレージは256GBだ。贅沢をしてしまった。多いに越したことはないだろうし、この容量で6万円程度なのだから驚きだ。

 それなら、iPhone 11 を買えばよかったのではないかという意見は受け付けない。iPhone SE が良かったのだ。特に理由はない。

 

f:id:AOblue:20200424114240j:plain

ふたを開ける。

 

f:id:AOblue:20200424115304j:plain

登場

 

f:id:AOblue:20200424115403j:plain

恐らく中身はいつもと一緒




f:id:AOblue:20200424115455j:plain

裏面(初期フィルム付き)

 

f:id:AOblue:20200424115632j:plain

ガラスフィルムはかの有名な NIMASO を使用

 

f:id:AOblue:20200424115717j:plain

 予想通り気泡が入ってしまった。これは NIMASO の不良を示すのではなく、僕の手先の不器用さの問題である。

 

f:id:AOblue:20200424120022j:plain

 裏面ブラックなのかっこいいな。リンゴマークが真ん中になった理由は分からないけれど、悪くない。イカしてるぜ。

 

f:id:AOblue:20200424120154j:plain

 ということでセットアップを頑張っていきたい。

 

 

 タイトル通り「開封」はしたので終わろうと思う。

 

 関係ないけれど、「iPhone SE 2020 Unboxing」というタイトルにしようか悩んだのだが、親しみある言葉のほうがいいかなと思い、今のを採用した。