The Azure

動き

共通の話題が少なくなるので自分のことをたくさん話す

 オンライン授業の始まる9時までに買い出しを済ませておこうと試みるも、最寄りのスーパーの開店時刻が9時からだったので諦めて帰宅。朝から自転車を漕いだのは高校生以来だった。以前のほうが気持ちの良い朝だった。

 オンライン授業というよりはオンライン質問コーナーという説明がしっくりくるのだが、とにかくそれが30分ほどで終わり、僕はすぐさまスーパーへ向かった。切らしていた牛乳や、パリッと音のならなさそうな安価なソーセージ(実際にパリッと音はしなかった)、それに砂糖を全く摂取していなかったので300円のブルーベリージャムを購入した。

 そのあと行ったドラッグストアには100円でブルーベリージャムが売られていた。その店で使える10%オフのクーポンを家に忘れた。

 

 帰宅後この朝に起きた出来事を話すために恋人に電話をかけてみる。どうせ暇だろうしなという僕なりの気遣いである()

 彼女と電話をするとなると夜深くに長電話をすることが多い。そういう傾向にある。だから、朝から恋人の声を聞いたのは久しぶりだった。ついこの間一日中電話をしていたがそれはノーカンで。

 朝から恋人の声が聞けるだけでこんなに幸せになれるのかと驚く。いつもは「電話しよう」前置きのLINEがあってから電話をするので心の準備ができているが、たまには急に電話をかけてみるのも楽しいかもしれない。ひとり暮らしだからこそかも。

 

 3月に恋人と陶芸体験をしたのだが、そこで作った湯飲みと茶わんが配送されてきた。僕の中ではコーヒー用のマグカップとどでかいどんぶりをこしらえたはずだったのだが、予想以上に縮んでしまっていた。

f:id:AOblue:20200421224324j:plain

どんぶり(茶わん)

f:id:AOblue:20200421224327j:plain

マグカップ(湯飲み)

 彼女のほうは僕よりも一足先に届いていたらしく開封動画をLINEで送り付けてきたので、僕も開封動画を送り返した。そんな遊びが楽しい。同じ部屋でニコニコ話しながら開封するのはもう少し先の話だ。

 

 恋人も恋人で大学の履修登録やらで頑張っている。自分の興味あることが学べることに胸を躍らせているようで、僕もなんだか嬉しい。2人で同じことに挑戦するわけではないから、共感することは以前より減ってしまうかもしれない。だけど、2人で違うことを学ぶのだから、相手の知らないことを教えたり自分の知らないことを教えてもらったりできる。それはそれで楽しみだ。

f:id:AOblue:20200421224344j:plain

もう一式が同じ棚に並ぶ日は来るか。