The Azure

動き

「大学生 すべきこと」

 4年間の大学生活をどのように過ごせばいいのか考える時間をかなり前から与えられている。指定校推薦で大学に入学したからだ。一般の試験をパスする受験生に比べて、およそ4ヶ月の猶予がある。準備できる期間が長いのである。

 しかし、この4か月間なにも考えないで生活してきた。もちろん、下宿先を決めたりだとか生活に必要なものを買いそろえたりだとか(まだ揃いきっていないが)形式上の準備はそれなりにした。だが、限られた大学生活をどのような態度で過ごしていくべきなのかを考えることから逃げていた。そんなことは考えなくてもエンジョイできるよ!という頭の柔らかい人もいるが、僕の脳みそはカチコチなのでこういった節目に差し掛かるとどうしても深刻に考えてしまう。

 

 先の見通せないことに少し不安になり、グーグルで「大学生 すべきこと」と検索をかけてみると、金に目のくらんだもしくは就活の面接で話す話題の欲しい "大学生ブロガー" がこぞって箇条書きで指針を与えてくれていた。シェイシェ。

 どれだけ調べても結果は同じで、それは僕に対して「インターネッツは信用に値しない」と回りくどく教えてくれているようでもあった。そんなことはないが。

 

 それでも入学前に何かしらの方向性を確認したかった。バンドかよ。そこで3年生の日本史の教科担任だった先生が示していた「大学生がするといいこと」を胸に刻むことにした。どこから引用したって同じことのような気がするが、ネットの情報よりも教師の雑談のほうを引用したほうが格好がつくじゃん?

 

・たくさんの人に会う

・たくさんの場所へ行く

・たくさんの本を読む

 

  単純明快、3つの約束。きっとたぶんこういうのでいい。

 最後の以外は苦手で今まで避けてきたことだったので、特に意識的にしていきたい。していく。今まで敬遠していたことも、食わず嫌いをしないでやっていけたらと思う。

 

 あとは、学生という身分なので思う存分に勉学に打ち込みたい。ただ、きっと、座学のみが勉強ではないのでそこだけ留意しておこう。一歩間違えると頭でっかちになりそうだ。Aマッソの加納も言っていた気がする。

 

 数年後に意見が変わればどんどんアップデートしていきたい。