The Azure

夢は夢のままで

日常に色彩が加わること

4月からひとり暮らしを始めてから、もうすぐ4ヶ月が経つ。この4か月の間、僕の部屋には僕以外誰一人として入ることはなかった(実際には窓を修理してもらうために管理会社の方に入室してもらったので、嘘である)。そんな「ぼくの城」が「ぼくたちの城」になったのは、言わずもがな恋人が京都へやって来たためである。

綿密に練られた計画があったのではない。彼女から連絡があったのはやってくるたった数日前のことだ。「土曜日にお邪魔したいんだけど...」とかなんとか。僕が断すはずがない。プリティーチャーミーな笑顔で彼女を迎え入れた。

せっかく恋人が京都へやって来たのだからと河原町まで遊びに行ったり、金閣寺なんかを観光したり出来ればよかったのだが、如何せん僕も京都ビギナーであるから、近所の飲食店へ行くなどして僕の住む町を満喫した。僕も満喫した。

基本的に家事は僕が片付けていたので、恋人は手持ち無沙汰だった。申し訳なさそうな顔をしていたので「夕飯を作る」というミッションを授け、彼女を困らせた。彼女は悩みに悩み「肉じゃがを作る!」と宣言。僕は、恋人から肉じゃがを作ってもらうなんてベタだなと感動し、ぜひともとお願いをした。一緒に近所のスーパーへ材料を買いに行った。楽しかった。ちなみに肉じゃがはとっても美味しかった。

自分一人でもしていること、日常に恋人が加わるだけでそれがあっという間に華やかになる。部屋に掃除機をかけることだって、お風呂に入ることだって生活のすべてがきらきらで本当に楽しかった。ありきたりな表現にはなってしまうけれども、あれは、幸せであった。恋人がいれば他のことなんてどうでもいいというのは過言だけれども、僕にとって彼女の存在は絶大みたいだ。

一方、24時間以上恋人と時間をともにすることへの疲れもあったようで、お互いへとへとであった。普段は「デート」という形式で会うので、長時間緊張し続けるということはない。しかし、今回初めて「常に恋人がいる」という状況下に置かれたので、緊張し続けた(ここで言う緊張は、恋人と一緒にいるというドキドキした恋愛的なものというよりは、純度100%のプライベートな環境が与えられないということによるものだ)。てなわけで、お互い疲れた。僕は疲れた。恋人も疲れていたと思う。もし、今後同棲する機会があるのであれば、お互い自分の部屋を作ると誓った。

 

以上、滅茶苦茶な文章を書き留めた。

今はそれが非日常であるのかもしれないけれども、もしかすると、これが日常になることだってあり得るのだ。

ボーイズ'ン・ザ・フッド

f:id:AOblue:20200628221423j:image

珍しく父親から映画を紹介された。

ボーイズ’ン・ザ・フッドを観てみた。

 

ネタバレを含むことがあります。

 

 

 

 

ボーイズ’ン・ザ・フッド

監督:ジョン・シングルトン

公開:1991年

原題:Boyz n the Hood

 

黒人社会について取り扱った映画。

主人公のトレに対して父親が彼を諭すシーンがよくあるのだが、僕自身がこの映画を乳から紹介されたのもあって、僕の父親から諭されているような気分になった。

白人が黒人に対して差別をするだけではなく、黒人が黒人に対して差別をする(人種的な)ことに驚いた。異人種間(この言葉が適切であるかどうかは分からない)での差別だけではなく、同人種間でも差別はありうるのだということだ。僕の考える「人種差別」とは違った視点で興味深かった。これは、アメリカン・ビューティーのフランク大佐が、ゲイなのにホモフォビアだったのに似ている。社会に蔓延る規則に縛られてしまっているがゆえに、自分自身をも否定する思考になってしまうのだ。

 

 

ボーイズン・ザ・フッド (字幕版)

ボーイズン・ザ・フッド (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

 

 

A.P.C. Petit Standard 5ヶ月経過

f:id:AOblue:20200625114223j:image

つい先日ファースト・ウォッシュを済ませたので、色落ちの記録をする必要があるのかと考えたが、それはそれこれはこれだ。毎月発刊されるこのエントリに対して、あれは号外と言ったところだろうか。

蒸し暑くなってきたが、まだ履いていたいので(多少我慢して)毎日履いている。7月を迎えるころには短パンを履くことになる。

 

愛、戦い、A.P.C. Petit Standard

 

 

写真

Oppo Reno Aで撮影(暖色が強くなる)

 

f:id:AOblue:20200625114300j:plain

前面

僕が机に向かってオンライン授業に挑むたび、僕のジーンズのヒゲは増えていく。

 

f:id:AOblue:20200625114317j:plain

背面

僕が机に向かってオンライン授業に挑むほど、尻のアタリとハチノスが立派になっていく。
 

 

f:id:AOblue:20200625114323j:plain

f:id:AOblue:20200625114320j:plain

f:id:AOblue:20200625114307j:plain

 

f:id:AOblue:20200625114339j:plain

f:id:AOblue:20200625114331j:plain

 

 

一度糊を落としたことで、くたくたとした生地になった。履きやすい。自分の体に馴染む工程をとても楽しんでいる。

今はまだインディゴの強い?黒っぽいブルージーンズであるが、今後洗濯をするたびに青色が強くなっていくのだろう。現在の色をとても気に入っているので、ゆっくりと色を落としていただきたい。

 

 

 

aoblue.hatenablog.com

aoblue.hatenablog.com

aoblue.hatenablog.com

aoblue.hatenablog.com

aoblue.hatenablog.com

aoblue.hatenablog.com

俺たちに明日はない

以前鑑賞した、イージー・ライダータクシードライバーと同様にアメリカンニューシネマのひとつ。ちょうど授業でアメリカンニューシネマについて取り上げられていたので観るに至った。

 

ネタバレを含むことがあります。

 

 

 

 

俺たちに明日はない

監督:アーサー・ペン

公開:1967年

原題:Bonnie and Clyde

 

かなり古い映画である。アメリカンニューシネマの流れの中でも初期の作品にあたるだろう。にしても、アメリカンニューシネマはああいうラストを迎えがちなんだね。虚無感を覚える。

邦題がイカしている。

銀行強盗を繰り返す主人公一行の描かれ方が淡々としている。その行為に善悪の意識を帯びていないのだ。フラットに表現する手法、というか、強調しない撮影は昔の映画ならではなのだろうか。

最後に2人が無残にも撃ち殺されるシーンはやりすぎだった。ラストシーンが盛り上がりのピークだったかな。

あと、主人公がEDだという設定は必要だったのだろうか。マッチョニズムに囚われない男性像を描いた?

 

俺たちに明日はない (字幕版)

俺たちに明日はない (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

涼宮ハルヒの憂鬱/消失(アニメ)

普段アニメを観ない僕が、涼宮ハルヒの憂鬱(全28話)と涼宮ハルヒの消失(映画)を24時間で完走した。

 

なぜ急に僕が涼宮ハルヒシリーズを観るに至ったのか。涼宮ハルヒのなんちゃらは(恐らく)アニメ史に残る名作で、ネットに触れていると何度も遭遇する文化だ。しかし、僕は全くの無知でそのノリについていけなかった。それが悔しかったので、前々から観てみたいと思っていた。時間に余裕ができたので、昨晩から今晩にかけて観ることにしたというわけだ。

結論から述べると、それらは面白かった。僕が観た「涼宮ハルヒの憂鬱」は第2期と呼ばれるもので、全部で28話あった。1話30分だとすると、14時間も観たことになる。長かった。序盤のストーリーで設定に引き込まれ、中盤の「エンドレスエイト」で退屈し、終盤の学園モノを楽しんだ(実際のところは終盤も退屈だったのだが、エンドレスエイトに比べると大したことないので)。映画「涼宮ハルヒの消失」は2時間半以上もある長編映画であったが、飽きることなく楽しむことができた。

この作品の鑑賞がインターネットに蔓延る「涼宮ハルヒの憂鬱」の内輪ノリへの理解につながるとは考えない。そもそもこの作品はライトノベルが原作であったはずだし、この作品が発表された時代的な背景や、アニメーションに関する予備知識が僕に圧倒的に足りていないからだ。しかしながら、全話観終わった僕にとってそんなことはどうでもよくて、楽しく観れたからいいのである。GOOD DAY

 

ここで問題になるのは、僕が今後他のアニメ作品を観たいか?ということだ。答えは多分NOだ。TVシリーズのアニメは長い。鑑賞後の疲労感は当分の間遠慮したい。とはいえ同作が面白かったのは事実である。3年早く観ていたら、僕は「ハレ晴レユカイ」のダンスを覚えようとしていただろう。

 

とにかく、アニメやライトノベルの文化に親しむことのなかった僕が「涼宮ハルヒの憂鬱」と「涼宮ハルヒの消失」を24時間で完走したというお話をしかたった。てかまじでエンドレスエイト、何だったんだ。あれは本当にやばいだろ。狂ってる。

 

 

キョンくんの声に聞き覚えがあったんだけれど、キバットの声優と一緒だったっぽい。

 

 

ライブアライブ

ライブアライブ

  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: Prime Video
 
涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失

  • メディア: Prime Video