The Azure

夢は夢のままで

17

「華のセブンティーン」を名乗れるのも今日で最後であることに未練とかないけれど、こうやってブログに記録しておこうとするのは、なにかしら思うことがあるんだろうね。

 


中1で、shout it outの17歳を聴いて

中2で、Base Ball Bearの17才を聴いて

僕は17さいに大きな憧れを感じていた。今も感じている。大人と子どもの間。ライ麦畑のはじっこ。なんてね。

 


キラキラした高校生活が待っているとは思っていなかったけれど、期待している自分がいたのは事実だ。

 


他人に自慢できるような華々しいセブンティーンでだったとは思わないけれど、過去の自分には胸を張って「楽しかったぜ」って言えるからもう十分。最高だ。

 

 

 

あと2年しかティーンネイジャーじゃないから存分に楽しまないとな。

 

 

 

 


待ってろよ未来

 


かかってこいよ未来