The Azure

夢は夢のままで

逃げている

つい最近女の子と2人で映画を観に行った。要するにデートってやつだ。

 


僕には女の子と出かける経験なんてしたことない。ましてや2人きりなんて考えたこともなかった。とはいえ縁あって映画を観てきたのだ。

 


もちろん楽しかったし、高校生らしい時間の使い方ができて満足だった。しかし振り返ると、僕は「彼女と遊んだことが楽しかった」のではなく「女の子と遊ぶことができた」ことに喜んでいる。

 


もしそうなのであれば僕はあまりに低俗だし、もう少し大人になるまで控えた方がいいのかなと後悔している。

 

 

 

高尚な付き合いを求めているわけではない。

未熟である自分が失敗するのが怖いのだ。

失敗しないためには経験を積むしかない。

しかし経験の中で起きる失敗をしたくない。単純に逃げているんだ。