The Azure

夢は夢のままで

勇気とは怖さを知ること?

恋愛は娯楽にすぎないってどこかの増田が言っていたけれど、その娯楽に手を出すこともできないのは残念で仕方がない。

 


交友関係を恋愛に発展させるセンスって、誰にでもあるわけではなくて、自分で磨かなくてはいけないのだと思うのだが、誰かに指を指されたり失敗したりするのが怖くてできない。臆病なんだろうな。石橋を叩いて渡らないタイプというか。思春期で恋愛ができなかった者は、大人になって恋したとしてもそれが恋愛感情なのか時間がかかり、タイミングを逃すのだろう。

 


高校生の今がチャンスだ。だがしかし、仲良くしたい女の子はいない。それこそ娯楽で付き合っている輩なんで星の数ほどいるのだろうけれど、責任感が僕をついて回る。これはお腹の奥底にある性格だろうから仕方ないな。

 


せっかくの高校生活に恋愛で色をつけたいのだけれど、そう簡単にできることではない(少なくとも自分にはできない)。

 


色恋沙汰まで受動態なんて笑っちゃうな。1度トライして、失敗して、その失敗が大事なんだろうけれど、一歩が踏み出せない。というよりは一歩を踏み出す地面がないと言った方が良いかもしれない。

 


頑張ろうぜ。同志よ。