The Azure

高校生が綴るあれこれ。

教科担任について

数日前から風邪をひいている。喘息持ちで気管支がめっぽう弱いので一度席が始まるとなかなか止まらないのである。さっさと風邪とはおさらばしたい。

 


高校二年生になって1週間と数日経ったのだが、今回は教科担任がどこもひどい印象。生徒の身分で教師のことをとやかく言うのは恥知らずなのかもしれないが、当たりは当たり。外れは外れなのである。やはり授業は教科よりもその担当の教師が重要なんだと思う。変わることはないのだから、何を言おうとどうにもならないのだが、クラスメイトとわーわー愚痴を言ってる。たった数回の授業で教師の良し悪しを決めつけるぼくらもぼくらだが、たった数回の授業で良し悪しを決めつけられる教師も教師である。特に英語表現の教科担。あれはやばいぞ。おっそろしいものがきた。どうしような。1年間生きてられるかな。

 

 

こんなことをほざいておいて、学年末に「やっぱ、英表の教科担まじでサイコー。まじ卍」とか言っていたらそれもそれで。