The Azure

高校生が綴るあれこれ。

商業高校生が1年生で取得した資格について

商業高校生1年生がとりあえず終わったので、ぼくがこの1年間で取得できた資格、できなかった資格を簡単にまとめていきたい。これを通して、個人の1年間の振り返りと記録ができればいいなと思っている。

 

4月から商業高校生になるよ!とか、今中学生で商業高校へ進学しようかな…とか考えている方にぜひぜひ参考にしてもらいたい。とはいえ、商業高校といっても科によって取れる資格は異なるし、授業の方針などでも変わってくる(と思う)のであくまでも参考程度に。

 

 

取得した資格

全商珠算・電卓検定 普通計算 1級

全商というのは全国商業高等学校協会の略称でそれ以外は特に知らないのだが、色々な検定試験を主催している協会である。

この検定は30分で電卓の計算をするという試験。掛け算割り算見取り算等々。確か満点で合格したのでこの場で自慢させてもらう。

 

実用英語検定 準2級

みんなが知っているほうの英検。

結構ゆとりを持って合格したと思っていたら、クラスメイトがえげつないスコアで合格していたので驚いたのが思い出。そこまで真剣に勉強しなくても、中学の内容と高校の内容少しで十分挑める検定。

 

全商英語検定 1級

夏休みという長い勉強時間があったのにもかかわらず、1週間前から単語を少しだけやってまぐれで受かった。合格点合格。

全商英検は正直単語力が全てだと思うので、テキストについている単語帳をしっかりやりこめば受かるよ。

 

全商珠算・電卓計算 ビジネス計算 1級

文章題から計算して金額を出すやつ。複利現価や元本とかをせっせこ求める。型を覚えたら、あとは練習あるのみ。(全商の検定はだいたいゴリ押しでいける)

1番初めに挙げた普通計算1級と両方を持っていると、全商珠算・電卓検定1級を取得したことになる。

 

全商簿記検定 2級

はてブでときどきみかける簿記は日商簿記。こちらは全商簿記。高校生向けの簡単な方。(だと思っている)

1年間で2級が精いっぱいなのかと思うと残念だ。だが他の科では、全商1級のみならず日商の2級を、1年で取っているので無理ではないのだろう。選んだ進路が問題だ。2年生では、全商簿記1級と日商簿記2級の取得を目指して励んでいきたい。

 

全商商業経済検定 2級

この検定は少し特殊で、4つある科目のうち1つ受かれば2級、2つ受かると1級となる。今回ぼくが取ったのはマーケティングである。

マーケティングに関する語句を覚えてうぇい!みたいな検定。システムが複雑なうえに年に一度しか検定がないのだ。よく分からない。

 

 

取得できなかった資格

実用英語検定 2級

単純な勉強不足で5000円をどぶに捨ててしまった。親には本当に申し訳ないと思っている。次は絶対に受かる。

 

 

さいごに

ぼくが商業高校へ1年間通って得た資格は合計で五つだ。相場がどのくらいなのか分からないので何とも言えないが、参考にしていただきたい。

2年生になると、受験する検定がもっと多くなるそうなので来年度はより気を引き締めて頑張っていきたい。

 

と堅苦しいようだが、検定勉強は自分の出来が白黒しっかりするので分かりやすく、資格を取るのはなかなか楽しいものである。持ってるだけじゃ意味ないんだけどね。

 

 

f:id:AOblue:20180307221716j:plain

さすがにまずいと思った母が買ってくれた単語帳

まずは英検2級とるぞー!

 

 

 

検定試験 | 公益財団法人全国商業高等学校協会