Under The Azure Sky.

男子高校生の雑記帳。適当にわちゃわちゃ書いています。バスケットと音楽と文具が好き。

まだ男じゃないから、前言撤回してもいいよね。

おっす。おら、あおぶる~。何日か書いていなかったから、テキトーに書きまくっぞ。読みにくくても、頑張って読んでくれよな。ビルス様が話がのびる寸前に終われよだってよ。ビルスだけにな。じゃあな。

 

 

受験生とは辛いものでして、ついこの間期末テストが終わったと思いきや、塾でどっさり冬期講習前の宿題が出されました。今日はほぼ一日中それに取り組んでいた感じです。今週ずっと更新できなかったのはただのサボりだとは大きな声では言えません。

f:id:AOblue:20161210213944j:image

そんなことはどうでも良くて、「冬期講習」とタイプしようとしたのが「といきこうしゅう」とタイプしてしまい「吐息講習」と変換しても「吐息口臭」と変換しても面白いなと一人画面の前でニヤけていました。これが一番伝えたかったことです。

 

 

 

 

 

嘘です。

 

 

 

今1番辛いことはズバリ、バスケットが一週間に1回しか出来ないことです。部活はもちろん行けませんし、ぼっちシューティングタイムも勉強の時間にしなければいけないのです。泣けます。

部活の朝練前は校庭でランニングをして、校庭の隅っこにあるバスケットコートでジャンプ力アップの為のフットワークをしています。

多分これとは全く因果関係がないと思うのですが、近ごろ可愛い一年生の子達(男の子)が絡んでくれるようになって、元気をもらっています。時々バイなのではと疑うこともなきにしもあらず。冗談で片付けられないのが怖いです。

 

 

最近友達に言われて気付いた癖があるので、発表します。重要なことなので、読んだらスタンディングオベーションをしてください。

 

なんと僕は「無意識に左手を萌え袖にしてしまうのです。」

はい。オベーション。

f:id:AOblue:20161210214001j:image

 

もしあなたが街を歩いていて、身長が170㎝くらいで、ニキビキニ面で、左手が萌え袖だった男を見かけたら、きっと僕です。高確率で僕です。違ったとしても僕のドッペルゲンガ―です。不審者ではないので安心してください。

 

 

 

さて、本題?に。

「男に二言は無い」とよく言いますが、僕はいつも前言撤回したくなります。

数年前に言ったこともそうだし、昨日言ったこともそうです。

考えはいつも頭の中で川のように流れていくので、ころころ考える事が変わっていきます。僕の脳はまだまだ上流なのでしょう。

 

視点を変えると、二言が無くなった時が男なのです。まだまだ、僕は半人前のお子ちゃまです。

 

堅過ぎるアタマもよくないですが、大きい考えの下で生きていけるような大人になりたいです。

 

 

 

来週には「駅伝大会」があります。長くても2キロしか走らないくせに駅伝大会とかいってんじゃねーと先日も紹介したF君が言っていて、納得しました。

そんな事を言える人になりたいです。と書いてみたものの、抽象的すぎて何言っているのか分からなくなりました。グヘェ。どうも、クレイジーあおぶる〜です。

 

 

トミタ栞ちゃんの歌を聴いて元気を出しています。

youtu.be