Under The Azure Sky.

男子高校生の雑記帳。適当にわちゃわちゃ書いています。バスケットと音楽と文具が好き。

【書評】「鹿男あをによし」を読んで、かりんとうが食べたくなった。

鹿男あをによし」!!

父が三洋堂の古本コーナーで買ってきて、そのまま放置されていた万城目学さんの「鹿男あをによし」を読みました。ちょっと前にフジテレビでドラマ化したそうですね。

鹿男あをによし - フジテレビ

 

この本を読むと無性にかりんとうが食べたくなります。読んでいる最中にも、三袋ほど頂きました(笑)

詳しい事はのちほど説明するので、読書感想文を書きます。

 

あらすじ

大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声で鹿が話しかけてくるまでは。「さぁ、神無月だ  出番だよ先生」。彼に下された謎の命令とは? 古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー!

鹿男あをによし」より

 こんな感じですね。ファンタジーに分類されるのでしょうか。剣道の話も物語に大きく関わってくるので、剣道が好きな方も面白いかもです。

 

かりんとうが食べたくなったのは?

かりんとうは物語の展開にほぼ関係はないのですが、主人公の「おれ」と同じ先生の「藤原君」という人物がいまして、彼が出るたびに、かりぽりかりぽりとかりんとうを食べるのですね。「おれ」は不味いと言っているのですが、美味しそうで美味しそうで。食べたくなりました。というより、三袋食べました。美味しかったです。

↑ 美味しそう。

 

まとめ

鹿男あをによし」は、かりんとうをお供に読むべし!

あと、イトちゃん可愛い。

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)