読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under The Azure Sky.

男子高校生の雑記帳。適当にわちゃわちゃ書いています。バスケットと音楽と文具が好き。

「rOtring 300」をちょっとレビュー。

 買った…どちらかというと父に買って頂いた「rOtring 300」がショーゲイ文具さんから届きましたので、ちょこっとレビューさせて頂きます。

 あ、包装の方は全く問題はありませんでした。ショーゲイ文具さん、有難うございます。 では、気を取り直して…

「rOtring 300」をレビューです。

 にわかなので、詳しい事は分かりませんが「rOtring」さんはドイツの文具メーカーだったと思います。ちなみに今回紹介する「rOtring 300」は「rOtring 800」シリーズの一番安いモノ。「PILOT」さんのSシリーズで言う「S 3」ですね。

 と、いうコトで紹介させて頂きます。

 

 第一印象は細い!です。

「GRAPH 1000」の一回り、「Dr.Grip」の二、三回りは細いです。僕はどちらかというと細いグリップの方が使いやすいのでイイです。

f:id:AOblue:20151024202030j:image

 そして、軽い!です。

「Dr.Grip」が約20g。「rOtring 300」が約9gでしたので、およそ2分の1の軽さです。手にとってもあまり「持っている」という印象はないですね。

f:id:AOblue:20151024202952j:image プラスチックのローレット加工グリップは安っぽい感じもしますが、ゴツゴツしていないので手に優しいです。又、製図用シャープペンならではの4㎜のガイドパイプが、視界を広げてくれますね。

 rOtring らしさが出ていながら、定価はおよそ500円とお手軽。

 お洒落で高級感いっぱいのシャープペンです。

  以上。

広告を非表示にする