Under The Azure Sky.

男子高校生の雑記帳。適当にわちゃわちゃ書いています。バスケットと音楽と文具が好き。

踊らされているのではなく、踊っているのである。

火曜日に中間考査が終わり、土曜日(昨日)に英検準二級を受けました。

ようやく時間が出来たあおぶる~です。

 

 

中間考査

化学を除くテストが返ってきたのですが、あまりにも英語がひどかったです。正直舐めていました。他の教科はそこそこ勉強していたので納得のいく点数がとれましたが、英語に関しては散々な結果に。

英語といっても3つの科目があるのですが、その中のひとつが平均点以下。クラスの中ではトップ5には君臨するはずだったのに(笑)「英語なんぞダイジョブさ」とか思っていました。最大の敵が英語だったわけなのです。きゃー。これからは本腰を入れて英語に励みたいと思っています。

 

次は9月の期末考査です。夏休みは部活で忙しいでしょうが、勉強と両立していきたいと思っています。

取り敢えず英語です。

 

 

英検準2級

筆記が終わりました。通常は日曜日に受けるのですが、学校で受験したので土曜日でした。

本格的に勉強を始めたのは中間考査が終わってからです。ということは三日間の勉強で受験したのですね。無謀。あまりにも無謀。

手ごたえはそこそこありました。今回から準二級にもライティングが実施されたのですが、悪くなかったと思います。落ちるとしたら、リスニングです。正直なところ、リスニングはなんとなくでやっていたので。

 

結果が楽しみです。受かりたい―。

 

 

部活

かなりハードスケジュールですが楽しくやっています。

先輩方とプレーさせてもらえる機会も多く、有り難いです。

 

もっとフックシュートの精度を上げたいなぁ。

 

 

あと「エアジョーダン9」を買いましたー!正確には買って貰いましたー!まだ届いていませーん!

今まで青色のバッシュばかり履いていたので「黒×白×赤」の配色は珍しいですね。練習着とどう合せようかなとわくわくです。言わずと知れたジョーダンカラー。とか言ってみますがよく分かりません。

 

 

村上春樹

まだ一度も読んだことが無いのですが、一度読んでみたいです。

例の三部作ってのと「ダンス・ダンス・ダンス」ですね。

 

その前に買いだめしてある小説を読まないとなぁ。五冊もある事実。

いくら100円コーナーに良さげな本が沢山あっても、買い過ぎには十分注意しましょう。うん、ホントに。

 

 

献血

もうすぐ十六歳になるあおぶる~です。

十六歳といえば? そう! 献血の出来る年齢ですね。

ということで十六歳になったら献血をします!(きっぱり)

 

「ラブインアクション」を聴いていた身なので、行かざるを得ません。

全国のうぃーあー親戚―!

 

 

最後に

久しぶりに書くと疲れますね。

今から部活です。頑張るぞー。

 

 

 

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

 

 

 

ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)

ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)

 

 

読むエネルギーがシジミだったら、書くエネルギーはハマグリ。

最後に更新してから二週間も経っていました。

もちろん「書かなきゃ!」とは思っていたのですが、そこまでの余力はありません。でも毎日ブログを読んではいます。

やはり、読むのと書くのでは使用するエネルギーが全然違いますね。毎日更新している方は本当にすごいです。

 

 

部活が毎日夜遅くにあったり、先輩方が県大会に出場したり、ぼくが運良くユニホームを貰ったり、来週には中間考査があったりと高校生活をエンジョイしています。

どうもあおぶる~です。

 

 

高校に入学してから、勉強がとても楽しいです。特に授業。

まだまだ中学の内容の延長線のような気もしますが、深みのある授業です。

しかし、クラスメイトの意識があまりにも低すぎるのです。高校は義務教育とは違って行きたくなかったら退学すればいいのに「勉強だりー」とか「センセ―うぜー」とか言っているのですよ。信じられません。

とはいえ彼女らは彼女ら。ぼくはぼくです。自分のペースで頑張っていきたいと思っています。

 

 

高校生活でいっぱいいっぱいでブログに何を書くか考える時間もなくなってしまいました。隙間時間に少しずつ書けるようになると良いな。

 

目指せ!週一更新。

 

とりあえず、中間考査を頑張ろうと思います。

文字通りを歩く。

部活で疲れ切った体をお風呂で休め、火照った体に風を当てながらキーボードを叩いているあおぶる~です。

 

最近よく「ゴールデンウィーク」という言葉をよく聞きます。空前のブームなのでしょうか。ぼくには休暇などありません。毎日部活で汗を流しています。

とはいえバスケットは好きですし、一年生も先輩方と一緒に練習が出来るのでとっても楽しいです。先輩相手に自分のプレーが通用するのもまたいい気分。こんなこと書いてると先輩を舐めているようですね。全くそんな事はありません。

 

 

先日も書いた気がしますが、自転車で登校しているぼく。最近腕まくりしないと可なり熱くて熱中症か腕まくりできない病か何かで倒れてしまいそうになってきました。初夏を感じます。

夏のにおいも感じます。部屋に入るとムワッとするような何とも言えないにおいです。それが夏の始まりを感じさせます。

ぼくの意識や気持ちより先に季節が走っています。おじいちゃんになる頃には、春を感じている時にその次の春が来ているみたいなことがあるかもしれません。さすがに無いでしょう(笑)

 

 

ありがたい事に明日は部活がお休みなのですが、宿題が山のように…いや比喩が過ぎました。宿題が新品の消しゴムの高さくらいまであります。休む暇はなくさっさと片付けないとマズい状況です。

明日は「宿題フェス」開催です。なんでも「フェス」を付けると聞こえが良くなりますね。

こんなブログを書いている暇などないのです。でもブログを書いているのです。なぜでしょう。この問題は人生をかけてゆっくり解決しようと思います。嘘です。

 

 

 

aoblue.hatenablog.com

 

このエントリーでも書いたのですが、

 

もちろん彼女さんはいませんし、好きな女の子がいるわけでもありません。世間一般で言われる「青春」ってのは嘘っぱち、というか理想・妄想なのだと気付きがっかりしました。

 

なぜ、青春ドラマ・小説で届くはずもない理想で喜ぼうとするのでしょうか。

変に恋愛への敷居を高くしているような気がしてなりません。「恋愛はこうあるべきだ!」という考えに囚われてしまいます。もちろんぼくも。

SNSでの投稿もそうです。てかまず「告白」という行為自体にも問題があるのではないでしょうか。無理やり形を作っている気がします。儀式みたいなことをしなくても流れでいいじゃないですか。

いいじゃん、もっと動物的で。

 

という恋愛経験の無いぼくのひがみです。

 

 

 

matteroyomirai.hatenablog.com

ちょっと媚を売っているような書き方なのですが、この「待ってろよ未来」のブラックバードid:matteroyoさんの文章が素敵過ぎるのです。

まるで純文学小説を読んでいるようです。

読者に寄りそらず自分の道を切り開いていく文章。美的・芸術的なレトリック。

ぼくにはないモノを沢山感じます。

 

是非読んで頂きたいです。

 

 

 

 

ちなみに今回のタイトルはこの記事に全く関係ありません。

先日、「文字通り」って言葉があるけれど「なんちゃら大通り」みたいな通りだったら面白いなと思いスマホにメモしたのをそのまま使いました。

 

思いつきをネタにできるメモアプリはかなり重宝しています。

 

空が青いように、変わらないこともあるのであって。

最近は無かった二日連続での登場です。

何日かブログを書かないと、次に書くためのエネルギーがかなり必要だったりしませんか? そんな言い訳で更新から逃げようとしているあおぶる~です。

 

正直に言ってしまえば「週一の更新でいいかな」とか考えています。無理に圧力をかけるよりは、楽しく書いている方が良いじゃないですか! enjoy writing です。

 

 

昨日書きましたが、今日はバスケット部の先輩の試合の応援をしていました。

難なく先輩たちは勝たれました。うひょー、カッコいい! 上手な先輩方のプレーは憧れます。そんな先輩方を越せるように練習していきます。

 

ぼくたち一年生も鼻くそをほじって試合観戦していたわけでは無く、精一杯応援していました。意外と応援って楽しいのです。明日も頑張ります。

 

 

ぼくたちの部活には女子マネージャーが一人います。バスケットの経験は無さげなのですがハキハキ頑張ってくださっています。ぼくら一年生は「女子マネ」という存在自体が新鮮でどきどきわくわくしているのですが、今日対戦した高校の女子マネさんが確認できただけでも6人もいたのです!

それに対してキレた同級生が「先輩まじでぶっころしてくれ」と殺気を感じさせるオーラを放ちながらぼそぼそ言っていました。

 

試合が終わってから彼は「やったー、勝ったー」と満面の笑みでした。彼が良かったら別にいいのですが、僕たちがいくら試合に勝ったところで、女子マネの数は変わらないのです。

 

 

ということで(どういうことだよ)、明日も応援頑張ります。

 

 

素潜りをしていた海女さんがマツタケを見つける運動

どうも、毎日絶好調のあおぶる~です。

 

高校生になって一週間が驚くほど早く感じます。動物で例えるならチーター。人間で例えるならウサイン・ボルト。季節の時間帯で例えるなら冬の日中。学校に着いたと思ったらもう帰宅しているのです。高校生ってこんなものなのでしょうか。三年間あっという間なんだろうな。

 

部活も本格的に始まりました。ぼくたち一年生は筋トレ・体幹の日々を送っています。今日はそれにプラスランニングも課せられました。なかなか一年生っぽい事しています。こんな雰囲気も嫌いじゃないです。

大好きなバスケットが出来るのはとっても嬉しいのですが(といってもバスケットらしいバスケットができたのは春休みのうちだけ)、家に帰る時間が遅いです。遅い日だと21時くらいに帰宅するのです。いつ勉強するんだよ!まぁそんなものなのでしょう。三年間の高校生ライフをエンジョイしていきたいです。

 

 

高校生っぽいことをしているかと問われると何とも言えません。

 

もちろん彼女さんはいませんし、好きな女の子がいるわけでもありません。世間一般で言われる「青春」ってのは嘘っぱち、というか理想・妄想なのだと気付きがっかりしました。

三年間はバスケットと勉強に追われる毎日になりそうです。

 

特にしていることもないですし。

今日は体育の時間に「素潜りをしていた海女さんがマツタケを見つける運動」や「自動販売機の下に落ちた小銭をとろうとしたらマツタケがとれた運動」などをラジオ体操の音楽にのせて体操していました。特にしていたといえばこのくらいのことです。

 

 

明日はバスケ部先輩のインターハイ予選です。

万年ベンチの応援団長ことこのぼくがフロアに新しい風でも吹かしてきてやろうかなと思います。